護王神社(節分祭)

2月3日に護王神社で節分祭が14:00に行われます。(京都市:2月の歳時記)
護王神社の節分祭では、落語奉納・歌唱奉納・節分祭・豆撒式が行われます。
豆撒式では、鬼やらい・鳴弦弓神事・四方奉射の儀・福豆福餅撒きがあります。


森乃福郎さんの落語奉納を少しでも撮れればいいかなって思ったんだけど間に合いませんでした。
落語奉納の後の歌唱奉納から撮れました。大奈さんと大林幸二さんです。
 

歌唱奉納が14:30頃に終わると、本殿で節分祭がおこなわれます。
ただ護王神社の本殿内の神事は、他の祭事と同様、中でおこなわれるので撮れません。
森乃福郎さん大奈さんと大林幸二さん等が参列して神事が…神事では厄除祈願・還暦祝寿をします。
神事がおこなわれている間、境内に赤鬼・青鬼が徘徊します。
時々、子どもの前に現れて子どもが泣く場面も多々あります。。
  

本殿での神事が終わると豆撒式があります。最初に本殿と拝殿の間で、鬼やらいが行われます。
鬼が暴れて威嚇したところで、神職さんが豆で追い払います。
 

鳴弦弓神事は、矢を実際に放つのではなく弓の弦を…森乃福郎・大奈・大林幸二さんも見守っています。
 

四方奉射の儀は、拝殿の四方の角から矢を放ちます。この矢は、いただいても良いそうです。
  

福豆福餅撒きでは、神職さんやゲストさん年男さんらが豆や餅やミカン撒きを。
餅の袋の中には景品交換の紙が入っているのがあり、それぞれが景品交換所で賞品と交換されています…
  

護王神社は、小さなお子さんと親御さんが多く来られており、
福豆・福餅撒きでは、拝殿の北側に小さなお子さん用のスペースが設けてあります。

〜護王神社の行き方〜
地下鉄「丸太町駅」下車、徒歩5分。

京都で行われる【節分祭】