藤森神社(節分祭)

2月3日に藤森神社で節分祭が行われます。(京都市:2月の歳時記)
伏見区の節分祭で一番規模が大きいと言われています。節分祭では、太鼓・雅楽・舞楽の奉納や追儺式、豆まきが行われます。
ここの追儺式では、音響効果やライトなど演出が派手で、一風変わった追儺式です。追儺式が始まる前に護摩供が行われます。
10:00(節分祭)18:00(太鼓・雅楽・舞楽の奉納)20:00(追儺式、豆まき)


18:00より、藤森太鼓さんの奉納が拝殿で行われました。
 

雅楽の演奏が2つほどありました。続いて、舞楽の奉納がありました。たぶん加陵頻だと思います。最後は、蘭陵王です。
  

花道から鬼がスポットライトを浴びて登場します。鬼は拝殿に入ります。音や証明やスモークで演出効果抜群です。
  

鬼は暴れますが、胡蝶の人達の豆まきによって、弱っていきます。鬼は、花道に出て、ヨタヨタと撤退します。
追儺式が終わると、豆まきが行われます。袋の外側に番号の付いた紙が貼ってあると、番号によって豪華景品が当たります。
この、豆まき行事が行われる為に、境内は熱気ムンムンです。みなさん必死です。
  

追儺式と豆まきは、2度行われます。鬼は、年男さんがします。1度目と2度目は違う人です。
拝殿の中を暴れ回った鬼は、巫女さんの弓矢で倒されます。効果音も、「ブス」っと矢が刺さる音が響きます。
   

鬼は撤退し、巫女さんも退場します。
 

追儺式が始まる頃は、人でいっぱいです。節分祭では、甘酒が無料接待されます。

〜藤森神社の行き方〜
市バス「藤森神社前」下車。/京阪「墨染駅」下車、徒歩5分。/JR「藤森駅」下車、徒歩5分。

京都で行われる【節分祭】