夏季大祭(吉祥院六斎念仏)

8月25日に吉祥院天満宮で夏季大祭があり吉祥院六斎念仏が行われます。(京都市:8月の歳時記)
吉祥院六斎の初まりは、平安時代後期に吉祥院天満宮の勅祭に獅子舞を奉納した為や、
山崎の合戦で明智勢が吉祥院に逃げてきたのを豊臣勢に討たれ、供養をしたのが初めだとも言われています。

六斎念仏は、京都でいつ頃から始められたと言う起源は定かでありませんが…
六斎には、六斎日と言われる日があって、毎月8・14・15・23・29・30日がその日です。
六斎日には、悪鬼が人を惑わす日とされて、何事も自粛されていました。

約1000年前の京の街に疫病が流行して多くの死者が出た時、人々が不安に陥りました。
そこで空也上人が、托鉢に用いる鉢を叩いて、洛中の街々で「南無阿弥陀仏」を唱えて廻わり、
人々の不安を取り除いたのが六斎の始まりだとも言われています。


発願 六斎念仏の始まりを告げる演目です。
つつて 小太鼓が上打ち下打ちに分かれて、緩急をつけて叩きます。
お月さん 小太鼓を緩急をつけて叩きます。つつてとほぼ同じです。
朝野 中央に大太鼓が打ち、左右に小太鼓が叩きます。
四つ太鼓 子供から大人までテンポを早めながら太鼓を叩きます。
太鼓を六つに増やした六つ太鼓もあります。
安達ヶ原 見てはいけないと言われれば、見てみたいと思う人の心理の物語です。
大文字 中央で大太鼓を叩き、まわりを中太鼓が右回りに芸打ちや頭の後ろで打つ。
岩見重太郎 物の怪(猿に変わる)が現れ、剣豪の岩見重太郎が退治をします。
祇園囃 祇園祭の月鉾の囃子を取り入れたもので、中太鼓を打ちながら踊ります。
獅子舞 獅子を呼び出す太鼓が鳴らされ、2つの獅子が派手な演技をします。
1つの獅子になった時に、土蜘蛛が現れ、獅子に蜘蛛糸を投げ戦いが始まります。

奉納の様子を載せておきます。





蜘蛛が獅子にめがけて糸(白色のテープ)を投げます。
この白色のテープ(芯入り)3つを家の神棚に1週間おき、
その後、芯だけを取り、財布に入れるとお金が貯まると言う風習が祇園で伝えられています。


舞台は、2Mぐらいですから、離れていても見られます。ただ、立ち見ですから疲れないように。

京都で行われる【六斎念仏】