義士祭(吉祥寺)

12月第2日曜日に吉祥寺で義士祭が10:00より行われます。(大阪府大阪市:12月の歳時記)
12月14日は討ち入りで有名な赤穂浪士の日です。
吉祥寺の義士祭は本来、12月14日に行われていたのですが日曜日に変更されました。
義士祭では、子ども四十七義士時代行列があり、14日固定だと平日に重なる事もある為、
参加される子どもが集まらないとの理由もあるのです。日曜日変更された為、予約はすぐに集まったとの事。
行列に参加されるお子さんは、赤穂浪士の役柄が抽選らしいです。


吉祥寺の住職さん達が式典に移動。大阪義士会さん関係者さん出席のもと始まります。
式典では、吟詠の奉納もあります。

〜四十七士を詠ず〜
若し茲の事無からしめば
臣節 何に由ってか立たん
若し常に此の事有らば
終に将に王法無からんとす
王法は廃すべからず
臣節は巳むべからず
茫茫たる天地 古今の間
茲の事 独り許す赤城の士
  

吟詠の奉納も行われたあと、四十七士の石像前で法要があり、転読や焼香があげられます。
法要は、この後、境内にある2箇所の墓前でもあります。
  

四十七士の石像前での法要が終わると奉納行事(合気道・居合道)が行われます。
吉祥寺の境内には、四十七士の石像があります。それぞれの石像の横には義士の名前も書かれています。
  

境内では、討ち入りそば(有料)や裏千家「淡変会 大阪南支部」さんによる御抹茶が無料接待されます。
 

子ども義士時代行列に参加する47人が記念撮影を行います。小さなお子さんの記念撮影は大変…


吉祥寺では、この後も奉納(落語・太鼓・津軽三味線・浄瑠璃・太鼓)があります。
子ども四十七義士時代行列は、バスで大阪城、上本町yufuraを行き吉祥寺に戻ります。
大阪城に子ども四十七義士が到着。太鼓を鳴らし大石内蔵助を先頭に…天守閣を目指します。
大阪城の天守閣には子ども義士が…そして大阪城を後にする一行。
  

2010年に行われた「義士祭」の様子です。

〜吉祥寺の行き方〜
地下鉄「四天王寺夕陽ヶ駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)