四天王寺ワッソ(なにわの宮跡)

11月上旬の休日に、四天王寺ワッソが12:00頃に行われます。(大阪府大阪市:11月の歳時記)
古代、朝鮮半島・東アジアの交流の拠点であった「なにわ」当時の交流を再現するのが四天王寺ワッソです。
古代衣装を着て、歴史行列が盛大に繰り広げられます。
四天王寺って付くので、四天王寺であると思われがちですが、大阪城の近くのなにわの宮跡で行われます。
※古代衣装を着ての歴史行列なので、雨の場合は行列が中止になります。
国祭交流広場、まんぷく屋台広場もあり、大勢の人が。どちらも10:30〜17:00頃まで。

オープニングイベントの最初は、国立国楽院創作楽団の演奏。


女性パーカッション「DRUMCAT」のライブ。
  

女人舞楽「納曽利」


オープニングが終わり、開会宣言があります。
韓国大統領・内閣総理大臣のメッセージが、2カ国語で伝えられました。そして、大阪府の橋下徹知事さんも。(現在は市長です)
行事・イベントは数多くあるけれど、2国のトップからのメッセージが届くのは珍しいと…


式典が終わり、巡行がスタートします。最初は、日本側からの迎えの行列(13:30頃)です。
  

行列が入場し、中央のステージに上がっていきます。
聖武天皇には、浜村淳さん。光明皇后に斎藤裕美(MBSアナ)さん。迎えの行列の幟が船の横に集合。
 

舟だんじりの上から、使節団に上陸の許可の祭文を読み上げます。
 

使節団が入場(13:45頃)していきます。行列は、最初が舞姫や楽隊です。舟だんじりなどが続きます。掛け声に、ワッソ♪ワッソ♪と…
すべての行列がステージにあがり、それぞれにパフォーマンスをします。
楽隊や舞姫は、大学や高校などの吹奏楽やチアリーディングやバトンなどが参加しています。

【耽羅・加耶】
  

【高句麗】
  

【仏教伝来】
  

ステージでは、ミニ歴史劇が。語りは、浜村淳さんです。一旦、使節団の行列は中断します。


【百済】
  

【新羅】
阿加留比売にジャズピアニストの小川理子さん。善徳女王に広報大使のAHN MIKAさん。
  

新羅の行列の最後には、天女の舞が。パレードとステージの模様。
 

【朝鮮王朝】
  

朝鮮王朝の行列の途中に、韓国の女優キョン・ミリさんが。
キョン・ミリさんは、宮廷女官チャングムの誓いでチェ尚宮役を演じています。
 

最後は夢舞です。ステージでは、夢舞(ムーブ)が色々な踊りを見せてくれます。
  

平和宣言が行われ、ステージ上のみなさんが退席されると、しまい太鼓で終わります。
  

2010年に行われた「四天王寺ワッソ」の様子です。

〜なにわの宮跡の行き方〜
地下鉄「谷町四丁目駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)