呉服神社秋季大祭(呉服神社)

10月18日に呉服神社で秋季大祭が10:00に行われます。(大阪府池田市:10月の歳時記)
秋季例祭では、湯立神事が行われます。呉服大神がお隠れになった縁起より一年に一度、本殿の御扉を開きます。
巫女さんが湯立神楽を行い、湯を振り撒き、その湯にかかると清浄されると言われています。


整列後、本殿にて神事が行われます。祝詞などは、奥にある本殿の祭壇で行われるので見えません。途中、御神楽があります。
  

続いて、3つの釜の前で湯立の儀式が。塩・米・御神酒を入った湯を桶に入れ、神職さんに渡し湯が入った桶は祭壇に置かれます。
儀式が終わると、3つの釜で湯立が始まります。
  

湯立が終わると、参列者さんは再び本殿に入り神事が。
祭事が終わると一般参列者さんに、お供え物(御神茶)を配られました。
 

2011年に行われた「呉服神社秋季大祭」の様子です。

〜呉服神社の行き方〜
阪急「池田駅」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)