星愛七夕まつり(大阪天満宮)

7月7日に大阪天満宮で星愛七夕まつりが15:00より行われます。(大阪府大阪市:7月の歳時記)

大阪天満宮では七夕の日、境内で茅の輪くぐりがあります。願い事を書いた短冊を七夕飾りに吊したりします。
境内では、夜店や神楽奉納、ステージイベントも行われます。6日は前夜祭で天神橋商店街主催行事があります。


天神橋商店街3丁目より七夕パレードが16:00よりスタートします。
子供彦星・子供織り姫が先頭に。天満天神花娘が続き、扇町高校吹奏楽部のみなさんも浴衣姿で行進を。


本殿前では巫女さんが終日、祈願された方々に神楽舞と祓いを授けます。


星愛七夕まつりには、茅の輪が7つあり、1つ1つ茅の輪をくぐって行きます。
最初の大きな茅の輪は、「諸願成就」そして、「学徳向上」「心身健康」


「家内安全」「商売繁昌」「厄除」


最後の茅の輪「恋愛成就」と続きます。
最後の茅の輪は星合池にあり、そこに祖霊社があり、棚機姫大神でお参り(21:00まで)をします。


境内ではステージイベントが始まり、大阪府知事さんも。パレードに参加した子供彦星・子供織り姫の紹介が。


ステージでは天満天神花娘が勢揃い。


続いてステージでは、天神祭コレクション2013が。浴衣姿のファッションショーです。

他に、大道芸(天満天神街道芸祭)が。審査委員に落語家も。さすが大阪。出場者は8組だったと…


20:00より諸願成就(最初の大茅の輪)祈願祭が本殿で行われます。
それぞれの願いが叶うように巫女さんによる祓い。そして天満天神花娘さんの代表者が玉串を。


20:30頃に七つ茅の輪くぐりが行われます。
神職さんが先頭に巫女さんが続き、天満天神花娘が茅の輪(諸願成就〜恋愛成就)をくぐって行きます。


一般の方々も、各所で順々に茅の輪くぐりをされています。


2013年に行われた「星愛七夕まつり」の様子です。

〜大阪天満宮の行き方〜
JR「大阪天満宮駅」下車、徒歩2分。/地下鉄「南森町駅」下車、徒歩3分。


きょうの沙都(トップ)