難波八阪神社夏祭(難波八阪神社)

7月13日、難波八阪神社で難波八阪神社夏祭が16:00に行われます。(大阪府大阪市:7月の歳時記)

大阪の船渡御は、現在3つあります。難波八阪神社の他は、御霊神社と大阪天満宮です。
難波八阪神社では道頓堀川(日吉橋→日本橋)の間を船渡御します。


船渡御の前に、難波八阪神社で神事が行われます。


神事が終わると湊町船着場まで16:30頃に陸渡御します。陸渡御はあまり知られていないので人も少ないです。


湊町船着場に到着すると、船渡御の時間(18:30頃)まで待機・休憩です。船渡御の船が停泊しています。


船渡御までの時間、太鼓船や地車船は日吉橋〜日本橋までを行き来しています。


船渡御のコースは、湊町船着場→日吉橋→湊町船着場→日本橋→湊町船着場です。
時間前になると、篝火船と鳳輦船が所定の位置に停泊しすると船渡御の開始です。


日吉橋に向かって順々に船が移動していきます。
移動する時に、鳳輦船に乗られている神職さんにお祓いをしてもらいます。
各船でお祓いを授かります。一部です。


日吉橋まで船渡御すると、湊町船着場に戻り、日本橋に向かいます。
日本橋方面の道頓堀川は川幅も狭く船を間近で見られます。先頭を行く地車船と太鼓船です。


船渡御の船は22隻あり、総勢600名です。戎橋近辺で撮ってみました。
御旗船(日本理容美容専門学校)
太鼓船(岡田測量設計)
篝火船(篝火講)
御鉾船(ミナミまち育てネットワーク)
祇園船(祇園講)
榊船(吉富建設)
神饌船(551蓬莱)
金弊船(あきんど講)
鳳輦船(難波八阪神社)
地車船(凜打講)
供奉船(なんばウォーク)
供奉船(FM大阪)
供奉船(マダムSHINCO)
茅の輪船(だるま)
供奉船(なんばオリエンタルホテル)

祇園船(祇園講)では舞楽が。なんばウォークではチアが。マダムSHINCOの船に田村けんじさんが。


船には、辰巳達郎・赤井英和・田村けんじさん、OSK歌劇団のトップスターさんもそれぞれの船に乗船。
その他、大阪の芸人さんも乗船されています。

船渡御は道頓堀川の日本橋を折り返し、湊町船着場へ戻ります。
折り返した船は戎橋船着場でほとんどの船が停泊し、乗船されている方々をおろします。
乗客をおろした船は、湊町船着場までの間、船上で掃除などの片付けなど。
船渡御のパフォーマンスは、折り返した後は日本橋〜戎橋までがほとんどでした。


だるまの船上では、「湘南の風」のライブが。
この船には赤井英和さん・泉修さんも乗船されていたようです。


2013年に行われた「難波八阪神社夏祭」の様子です。

〜難波八阪神社の行き方〜
南海「難波駅」・地下鉄「なんば駅」下車、徒歩7分。

きょうの沙都(トップ)