菖蒲神事(難波神社)

6月8日、難波神社で菖蒲神事が11:00に行われます。(大阪府大阪市:6月の歳時記)
菖蒲祭は神前に花菖蒲をお供えする祭事です。あやめ祭とも呼ばれています。神社の境内には市が出ています。


この日は、難波神社の境内に菖蒲がいっぱい置かれます。境内の苑内で育てられた菖蒲です。
難波神社の神紋が花菖蒲です。幕には花菖蒲の紋が。


本殿前で神事が。祓いや祝詞などが。


祭事の途中に巫女さんの神楽舞が。


菖蒲刈りと言う珍しい神楽舞があります。舞では菖蒲を刈り取る所作が。


刈り取った菖蒲は台に乗せ、四方に見せてから神職さんに渡します。
神職さんは本殿の祭壇にお供えします。その後、巫女さんが鈴で関係者さんを清めます。


続いて三味線や太鼓の奉納が。長唄:七福神。 端唄:潮来出島。 長唄:勧進帳より瀧流し。
奉納、祭事が終われば御神酒をいただいて終了します。


2013年に行われた「菖蒲祭」の様子です。

〜難波神社の行き方〜
地下鉄「本町駅・心斎橋駅」下車、徒歩10分。

きょうの沙都(トップ)