夏越の大祓(素盞嗚尊神社)

6月30日に素盞嗚尊神社で夏越の大祓が9:00に行われます。(大阪府吹田市:6月の歳時記)
夏越の大祓とは、正月〜六月までの半年間の罪や穢れを祓う神事です。
人は、知らず知らずのうちに罪や穢れを溜めていくのです。
それを半年ごとに祓い清めて心身ともに健康に…それと共に茅の輪をくぐって、疫病や災厄を逃れます。


素盞嗚尊神社の夏越しの大祓は、最初に茅の輪や人形などの祓い、宮司さんや参列者さんを祓います。
続いて、大祓詞を宮司さんと共に全員で唱和します。高天原に〜
  

次に、巫女さんによる朝日の舞があります。
  

朝日の舞が終わると茅の輪くぐりが始まります。
一般的な茅の輪くぐりの方法は、左に一周。右に一周。左に一周します。その後、本殿でお参りなどです。
茅の輪をくぐる時に、唱え詞があるんです。
「水無月の夏越しの祓する人は、ちとせの命のぶというなり」
  

続いて、人形・車形の清め祓いが行われます。
人形は個人の無病息災祈願。車形は、運転者の交通安全祈願です。
最初に祝詞が…
本来は、川に流すのですが、近くに川がない為、桶みたいなところに入れ清めるのだそうです。
後日、別の所で祓い清めるそうです。
人形や車形に書かれている氏名や歳などを読み祈願していきます。
  

祭事が終わる頃には境内で茶粥の無料接待があります。温かく量もありました。


2012年に行われた「夏越の大祓」の様子です。

〜素盞嗚尊神社の行き方〜
地下鉄「江坂駅」下車、徒歩10分。/阪急「関大前駅」下車、徒歩15分。

きょうの沙都(トップ)