粽祭(方違神社)

5月31日に方違神社で粽祭が13:00に行われます。(大阪府堺市:5月の歳時記)
粽祭は、神功皇后が方違の祓をされた故事によるものです。
菰の葉で埴土を包んだ粽を授かれば、どの方角から来る災いを防げると…


この年に授与する粽を神前にお供えし神事が行われます。この日は、祭事が終わると粽がいただけるとあって多くの人が列を。
  

祭事が終わると湯神楽があります。釜を祓い、神火で火を左右の釜につけます。
 

祭事が終わったので粽が無料で授与されるとあって、行列がゆるやかに動きだしました。
行列の先頭では…
粽って言っても中身が入っていないものです。
転居や旅行等の悪方位を祓うものと…持っていれば、厄が祓われるとか。
※中身の入った、ちまき菓子は250円で売られています。
  

湯立神楽の儀式が行われ、湯を取り神前に。笹の葉で釜の中の湯を飛ばして無病息災を祈願します。
最後に、鈴祓いでまわりの人を清めます。
  

続いて、お砂持神事が14:00に行われます。
お砂持神事とは、3〜5歳までの女児、10名が天秤棒を担ぎ砂を運びます。
お稚児さんが運ぶ砂は清めの砂とされています。
純真な心と身体は大変尊いものであることから、神様は稚児に姿を借りて降臨されると言われています。
最初に本殿前で祓いを受け、列を組んで斎場に移動します。
  

御砂を少量、女児が担ぐ天秤棒に入れ、10Mほどの場所に運びます。これを3度繰り返し行います。
  

3巡すると本殿前に行列が戻ります。御砂を神前に運ぶと、お砂持神事が終わります。最後は記念撮影です。
  

2011年に行われた「粽祭」の様子です。

〜方違神社の行き方〜
南海「堺東駅」下車、徒歩5分。/JR「堺駅」下車、徒歩10分。


きょうの沙都(トップ)