四条畷楠公まつり(小楠公墓所)

3月下旬の日曜日に四条畷楠公まつりが四条畷神社で行われます。(大阪府四条畷市:3月の歳時記)
四条楠公まつりは楠正行の冥福を祈り行われています。また地域の活性化を目指して行われます。
楠公まつりでは、武者行列があり小楠公墓所12:00〜四条畷神社まで子供を主体に300名ほどが往復します。



南北朝時代に、後醍醐天皇を中心とした政治と、光明天皇を中心とした武士の政治と対立しました。
天皇が二人いる時代には国がまとめられる訳もなく戦いがあります。
後醍醐天皇の命により楠正成は足利尊氏を討つ為に兵庫に出向きます。
その時に正行に形見を残し父の意志を継ぐように諭します。戦いの末、正成は湊川で戦死します。
正成の遺訓「義を守り忠に生きよ。これが父に対する第一の孝行である。」
遺訓を実践して正行は四条畷の合戦で足利軍・高師直・師秦兄弟の連合軍を散々に悩ました末に戦死しました。



先頭は幟。太鼓と囃子方が続きます。
  

楠正行や正時など、久子之方なども続きます。武者姿の行列も続きます。
  

女子武者や稚児行列も続き最後は、丸太みこしです。丸太みこしは畷青年団さん達が…
  

小楠公墓所〜四条畷神社まで一直線で、行列が四条畷神社に到着すると神事が12:45頃にあります。
行列の一同を祓った後で、喜びの舞の奉納です。
  

一同が整列。丸太みこしも神社に到着。玉串を各グループ事にします。
  

玉串が終わると本殿前で行列参加者による全員の記念撮影があります。


四条畷神社では前日から舞台で楠公まつりの奉納ステージが行われています。
ちょうど四條畷学園吹奏楽部の演奏が…


絵馬堂では、高校生絵馬競作会がおこなっていました。
芦間・門真みなはや・北かわち皐ヶ丘・寝屋川・野崎・守口東・枚方津田・四条畷の高校が参加。
絵馬堂でペイントしています。
  

行列は15:00に四条畷神社を出発。小楠公墓所に戻ります。
  

丸太みこしも出発。上に乗られている人も変わります。丸太みこしは小楠公墓所に寄らず戻ります。
  

小楠公墓所に行列が戻ると、小楠公墓所を1周して終了です。
 

2012年に行われた「四条畷楠公まつり」の様子です。

〜小楠公墓所の行き方〜
JR「四条畷駅」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)