的祭(高津宮)

2月23日に高津宮で的祭が10:00に行われます。(大阪府大阪市:2月の歳時記)
正式名称は、皇太子浩宮徳仁親王誕生祭 併 的祭です。
皇太子浩宮徳仁親王が誕生の時、高津宮の御祭神である仁徳天皇の御事跡を朗唱せられ御名を
徳仁(なるひと)と御命名されたゆえんを畏み…
産湯をつかわせる際に、魔よけの為に弓を鳴らしたことから、 お祝いと魔よけの意を古式に則った弓道の的祭神事を。


宮司さんや大阪府弓道連盟の方々が古式の装束で本殿に。


本殿で殿下の誕生の日を祝いご健勝祈念します。


続いて的祭です。富亭前から御輿庫前へ。 最初は宮司さんが。
続いて大阪府弓道連盟の方々が。弓の始まりを告げ正式な弓の作法・儀式から始まります。


1人2矢、放ちます。2人1組で4組。



20メートル先の的です。


最後に記念撮影を。


2015年に行われた「的祭」の様子です。

〜高津宮の行き方〜
地下鉄「谷町九丁目」下車、徒歩5分。


きょうの沙都(トップ)