とんど(家原寺)

1月、最後の日曜日に家原寺で「とんど」が17:00に行われます。(大阪府堺市:1月の歳時記)
とんどは一般的に、正月飾りや注連縄、御守り、護符などを焚きあげる行事です。
15日前後が多いのですが家原寺は、1月の最後の日曜日に行われます。


家原寺には三重塔が。境内には露店が出ます。家原寺のとんどです。
焚き上げる場所に関係者以外入れないのですが、上からは誰でも見られます。火をつける前に法要が。


法要が終わると松明に火を移し、とんどに。数人がまわりで点火します。火がつくと再び法要が始まります。


点火してから10分程度で祭事は終了します。

2016年に行われた「とんど」の様子です。

〜家原寺の行き方〜
JR「津久野駅」下車、徒歩10分。


きょうの沙都(トップ)