カマドで七草粥(旧河澄家)

1月7日に近い日曜日に旧河澄家で七草粥が10:00に行われます。(大阪府東大阪市:1月の歳時記)
ここで毎年、7日に近い日曜日にカマドで七草粥があります。後援は近畿大学峰滝ゼミのみなさん。
河澄家に代々伝わるカマドでつくったお粥を無料接待されます。材料がなくなるまで。
七草粥です。近畿大学の学生さんが作った漬物も。学生らしく御菓子も付いています。


旧河澄家は、江戸時代には代々作兵衛を名乗り、日下村の庄屋を務めた旧家です。
長きにわたるその歴史の中で、文学に親しみ、地域の発展に貢献し、河澄家からも秀でた人物を輩出しました。
3棟の建物と主庭、裏庭、「日下のかや」として東大阪市の天然記念物に指定されたカヤの木を敷地内に有します。
敷地中央に江戸時代初期の様式でたてられた主屋があり、西側に奥屋敷「棲鶴楼」、奥手に土蔵の配置がなされ、
このうち主屋と奥屋敷「棲鶴楼」及び庭園を含む敷地が東大阪市の文化財に指定されています。


最初に近畿大学の先生らしき人が説明を。多くの人が来られていました。もちろん近畿大学の学生さんも。
おかわり自由との事でしたので、2ハイ食べました。1ハイでも多くのボリュームでした。


2017年に行われた「旧河澄家の七草粥」の様子です。

〜旧河澄家の行き方〜
近鉄「新石切駅」下車、徒歩20分。


きょうの沙都(トップ)