おんぱら祭(綱越神社)

7月31日に綱越神社で、おんぱら祭が10:00より行われます。
(奈良県桜井市:7月の歳時記)
おんぱら祭と名前が付けられていますが、夏越の大祓です。
夏越祓とは、半年の間に知らず知らずのうちに穢れが付いた自身を人形に移し、
祓い清めて無病息災を祈願する神事です。


綱越神社には、お祓いの人形を記入する所があり、
各自が名前と生年月日を記入し、人形に両肩を撫で3度、息を吹きかけます。
 

祭事が行われ、祓いや祝詞などが読まれると巫女神楽です。
  

続いて、全員で大祓詞を読み上げます。
読み上げが終わると神馬が神社の周囲を3周します。神馬の鞍上には金幣が…
  

神馬引が終わると、参列者や見学者にミニ茅の輪が配られます。


続いて、茅の輪くぐりが行われます。神職さんを先頭に東西の茅の輪2ヶ所をくぐって行きます。
  

再び式典が行われ、おんぱら音頭など2つの踊りがあり、最後は御神酒で終了です。
 

おんぱら祭は、宵宮から後宴祭まであり、奉納行事や祝賀飛行に花火など、連日、神賑行事があります。

2011年に行われた「おんぱら祭」の様子です。

〜綱越神社の行き方〜
JR「三輪駅」下車、徒歩7分。

きょうの沙都(トップ)