帯解子安地蔵会式(帯解寺)

7月23日に帯解寺で、帯解子安地蔵会式が19:00より行われます。
(奈良県奈良市:7月の歳時記)
帯解子安地蔵会式は、23日と24日ありますが、24日は理趣三昧大法要だけです。
23日、紅白の岩田帯を持って隆興寺から帯解寺まで練り歩きます。
岩田帯は、妊娠された方の腹巻きで、妊娠5ヶ月の戌の日に付けるそうです。
岩のように丈夫な帯で赤ちゃんを守るのに使われます。


行列は、僧侶さんの後、ミス奈良、楽人、信徒さんの娘さんが続きます。


列の最後には岩田帯を持ち運ぶ白丁装束の信徒さん。
左右に白と赤の帯を持ち運びます。岩田帯は30Mほどの長さです。


この行列には毎回、ミス奈良の女子が3名、加わっています。
=2013年のミス奈良の3名=
辻村奈都子(19) 山口実可子(21) 中島志佳(21)

帯解寺の前には夜店も出ていて、そこを練り行列は通って行きます。
本堂に入ると紅白の岩田帯を御本尊にお供えして、安産や求子を祈願します。


2013年に行われた「帯解子安地蔵会式」の様子です。

〜帯解寺の行き方〜
JR「帯解駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)