へぐり時代祭り(平群町役場)

4月29日に平群町役場〜、へぐり時代行列が11:00より行われます。(奈良県平群町:4月の歳時記)
行列では、平群町に関わりのある歴史上の人物が町内を練り歩きます。
へぐり時代行列は、2010年にあった平城遷都1300年祭をきっかけに始められました。
天平衣装や甲冑の装束をまとった時代行列、住民参加型で住民が手作りで作ったイベントです。
1300メートルほど練り歩きます。


平群町役場で出発式が。はなさとこども園の園児達が風船を飛ばします。


先頭は、長屋(長屋王)・左近(島左近)のゆるキャラです。そしてペンギンの衣装が定着した添上高校の吹奏楽部。


パレードの様子です。



へぐり時代行列のメインとなるのが、松永弾正久秀・嶋左近清興。馬に騎乗。ポスターとかによく載っています。


行列は、くまがしステーションまで続きます。
くまがしステーションでは、いろいろな催しが行われていて、和太鼓・音楽ライブ・大道芸・ダンスなど、他多数。
当日、イノシシ汁(へぐり名物)が数量限定で無料で接待されています。

2015年に行われた「へぐり時代祭り」の様子です。

〜平群町役場の行き方〜
近鉄「平群駅」下車、徒歩10分。

きょうの沙都(トップ)