鯛引き行列(三輪坐惠比須神社)

2月5日に三輪坐惠比須神社で鯛引き行列が15:00に行われます。(奈良県桜井市:2月の歳時記)
鯛引き行列は三輪の恵比須神社で宵えびすとして行われます。
三輪坐惠比須神社5日〜7日まで初えびすがおこなわれ境内では福笹などが売られています。
5日は鯛引き行列(雨天中止)。 6日は初市大祭。 7日は湯立神楽、景気太鼓、ごくまき。
鯛引き行列では、万葉の衣装を着た地元の子どもが中心となり…地域の活性化もあわせて行われています。


行列の前に山車を祓い、参加される方々も祓います。
  

行列は神社から出発して、神社の周辺をまわります。
  

先頭は劇団時空さんが今年、参加。時折、ミュージカルも加わります。
木彫りの鯛の山車も。鯛引き行列なので本物の鯛も山車に積まれています。
  

劇団時空さんが、万葉のミュージカルを随所で歌い踊ります。
  

キツネの衣装を着た恵比須神社の方?も踊ったり行列に参加。華を添えられています。
 

鯛引き行列が周辺をまわっている間、神社の境内では三輪そうめん踊りがあります。
三輪そうめん踊りは、桜井のイベントや祭事で時々、踊られています。
  

周辺を回った後に、鯛引き行列が神社に戻っていきます。
キツネの衣装を着た、お手伝いさんも境内で福笹を売られていました。
  

劇団時空さんやキツネの衣装を着た女子の参加は不定期です。

2012年に行われた「鯛引き行列」の様子です。

〜三輪坐惠比須神社の行き方〜
JR「三輪駅」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)