鬼火の祭典(金峯山寺)

2月1〜3日に金峯山寺で鬼火の祭典19:00に行われます。(奈良県吉野郡:2月の歳時記)
鬼火の祭典は2012年で14回目になりました。吉野山の金峯山寺で1日〜3日まで多彩な行事がおこなわれます。
1日は、吉野鍋グランプリ。2日は、鬼歩き。鬼火ライブ。3日は、節分祭。鬼踊り・大護摩供。1日・2日は吉野桜燈火も…


吉野山は、この時期は雪化粧です。金峯山寺は、うっすらと雪景色。
2日は、吉野千本づき仙人ぜんざいが無料で18:30頃に振る舞われます。※予定より30分も早く振る舞われました。
このぜんざい、おかわりも可能で、容器と箸を持っていれば何杯もおかわりが可能みたいです。2杯いただきました。
 

1日・2日は吉野桜燈火もが随所に置かれています。蔵王堂の前では鬼火ライブのリハがおこなわれています。
  

鬼火の祭典では鬼歩きが行われます。
19:00に上千本(水分神社)と下千本(吉野駅)から蔵王堂を目指して鬼が練り歩いて来ます。
下千本から太鼓と法螺貝の音と共に鬼がやってきました。随所で、鬼踊りも交えて…
下千本の鬼は、車も止め暴れまわります。タクシーの中に入ろうとしたり…
  

上千本から太鼓と法螺貝の音と共に鬼がやってきました。随所で、鬼踊りも交えて…
上千本の鬼は、あまり暴れず穏やかでした。
  

全国から追われた鬼たちが吉野山へ。下千本と上千本から来た鬼が合流して、鬼踊りが…
 

その頃、蔵王堂前では歌垣(吉田智江)のライブがおこなわれていました。


鬼火ライブが終わると鬼が蔵王堂にやってきます。蔵王堂の前で、鬼が暴れた後に鬼踊りをします。
そして、豆まきが始まります。鬼にめがけて、鬼も内、福は内。全国から追われた鬼たちなので、外でなく内になります。
鬼はしばらくすると蔵王堂の中に入っていきます。
  

最後は、鬼役が蔵王堂前で整列して紹介をします。鬼は吉野山青年団の方々がされています。


この後、和太鼓(幻創)などのライブ演奏がおこなわれました。

2012年に行われた「鬼火の祭典」の様子です。

〜金峯山寺の行き方〜
吉野ロ−プウェイ「山上駅」下車、徒歩15分。※2日はロープウェイが21:00まで運転されています。


きょうの沙都(トップ)