夏越大祭(安井金比羅宮)

6月30日に安井金比羅宮で夏越大祭が18:00に行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。

各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。


本殿前で、全員による大祓詞を1度、読み上げます。※大祓詞の紙は渡されます。
高天原に~留り坐す 皇親~漏岐 ~漏美の命以ちて…
安井金比羅宮は縁切り縁結びの石碑があり、女子が多く神事に参加されています。
続いて、茅の輪を祓います。そして清めの紙で自身の体に左・右・左と3度ふりかけます。人形に息を吹きかけます。
  

茅の輪くぐりが行われ、神職さんの後に八の字で茅の輪をくぐります。最後に、茅の輪の前で夏越祓と茅の輪の話しをされ茅をいただきます。
  

〜安井金比羅宮の行き方〜
市バス「東山安井」下車。

京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】