夏越大祓式(梅宮大社)

6月30日に梅宮大社で夏越大祓式が18:00に行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めますが梅宮大社は茅の輪がなく自祓い式です。



境内に四方の結界が出来ておりそこで祭事が。祓った後、全員に清めの紙を渡されます。


全員が自身に清めの紙を3回に分けて…神職さんは氏子地域からいただいた人形を清め祓います。
祓い終えた榊+御弊を切り裂きます。※人形や切り裂かれたのは後日、焼納されます。


〜梅宮大社の行き方〜
市バス「梅宮大社前」下車、徒歩2分。


京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】