夏越の大祓(高松神明神社)

6月30日に高松神明神社で夏越の大祓が19:00に行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。
各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。



境内に入ると、榊台が置かれてあります。神事は本殿で行われます。
神事の途中で、清めの紙が配られ全員が自身の体の左・右・中に3振りかけします。
  

神事が終わると玉串が配られ、それを持って茅の輪くぐりが始まります。
先頭は宮司さん。人形などが入った箱を持って、茅の輪の前で…
1度目。 思うこと みなつきねよと 麻の葉を 切りに切りても 祓いつるかな
2度目。 みなづきの なごしの祓 する人は ちとせの命 のぶというなり
3度目。 宮川の 清き流れに みそぎせば ねがうことの かなわぬはなし
 

宮司さんの後を氏子さんらが順々に茅の輪くぐりしていきます。
最後に茅の輪をくぐった後に神前の前に玉串を置いて拝礼します。
拝礼が終わると御神酒をいただき、ミニ茅の輪をいただきます。
最後に宮司さんのお話があって祭事は終了します。
  

茅の輪は撤去され、茅が欲しい方は自由に持ち帰りが出来るとの事です。


〜高松神明神社の行き方〜
地下鉄「御池駅」下車、徒歩5分。

京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】