夏越祓(白峯神宮)

6月30日に白峯神宮で夏越祓が17:00に行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。

各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。



境内に神前が設けられ、茅の輪くぐりを参加される方達と共に、お祓い詞を唱えます。
境内を清め、お祓いをしながら神職さんを先頭に、茅の輪くぐりを行います。
  

=茅の輪の言い伝え=
神代の昔に、スサノオノミコトが旅行の途中、一夜の宿を借りようとされました。
蘇民将来・巨旦将来の兄弟にお願い頼したところ、弟の巨旦将来は、裕福であるにもかかわらず拒絶しました。
兄の蘇民将来は貧しい生活でしたが、ミコトをお泊めして精一杯のもてなしをしました。
数年後、ミコトは再び蘇民将来の家を訪れて、「天下に悪い病気が流行したときには、茅萱で輪を作り、
腰に付けておけば災難をまぬがれるだろう」と教えられました。
後に、悪い病気が流行し、ミコトの教えを守った蘇民将来の一族だけは災難をまぬがれることが出来ました。

神職さんの後には、一般の人達が長い列を作って、茅の輪くぐりをしています。
先着100名まで、水無月が無料で配布されます。和菓子処、鼓月さんの水無月です。
  

始まる直前に参拝券が配られます。参拝券があれば水無月がいただけます。
人数にもよりますが、参拝券がなくてもいただける場合もあります。水無月の配布は、茅の輪くぐりが終わってからです。

〜白峯神宮の行き方〜
市バス 「堀川今出川 」下車。

京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】