夏越しの祓い(西院春日神社)

6月30日に西院春日神社で夏越しの祓いが19:00に行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。
各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。



西院春日神社(茅の輪くぐりの儀)では、回るときに以下の歌を唱えます。
第一回、左回りの歌 思ふ事 皆つきねとて 麻のはを きりにきりても祓ひつるかな
第二回、右回りの歌 みな月の なごしの祓い する人は 千年の命いのち のぶといふなり
第三回、左回りの歌 みや川の きよき流れに 禊せば 祈れることの かなはぬはなし

※注意書きが記されています。
大祓当日、境内に掲げられる「大茅の輪」の茅を抜いて持ち帰り、ご自宅に、お飾りになられる方が多いようですが、
この茅には、多くの方の「罪・けがれ」が移っており、御守にする習慣はありません。

最初に、拝殿前に作られている茅の輪を、全員でくぐります。先頭は神職さん。最後は巫女さんです。
茅の輪くぐりをする時に、各自、清めの紙と人形が入った袋を手渡されます。
西院春日神社の茅の輪くぐりの人の数が、とてつもなく多いです。300人の列はあるでしょうか。境内を幾重にも輪が出来ています。
  

茅の輪くぐりが終わると、夏越の大祓の神事が行われます。最初に祓い清めます。続いて、大祓詞を唱えます。
災除などが書かれた布を引き裂き箱の中に入れる儀式が行われた後に、参列者さん全員が清めの紙を自身に振りかけます。
また紙の人形に、自分の悪い部分をなぞり、人形に息を吹きかけます。その後、参列者さんの祓い清めを四方で行います。
夏越しの祓いでは、夏の病気(夏ばて/食中毒/伝染病)から守っていいただく儀式です。
  

人形を袋に入れ、小さな箱(左画像)の中に入れていきます。左斜め下の大きな箱には、切り裂かれた布が入っています。
夏越しの祓いが終わると、厄除うちわが配られます。

  

西院春日神社の行き方〜
市バス「西大路四条」下車、徒歩5分。/阪急「西院」下車、徒歩5分。

京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】