夏越祓祭(六孫王神社)

6月30日に六孫王神社で夏越祓祭が21:00に行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。


六孫王神社の夏越祓祭は本殿内で行われる為、本殿に入らなければ見られません。
時間になり、本殿内に参列。最初は祓いです。そして大祓詞を全員で唱和します。
続いて、祝詞が読まれ代表者さんが玉串をされ祭事は終了。そして御神酒をいただきます。

神事が終わると、本殿前で焼納があります。
人形を入れ、祓った後で本殿の神火で点火です。そして、神職さんは大祓詞を唱えます。
  

大祓詞が終わると、最後に三種を入れ焼納も終わりです。焼納は燃え尽きるまでです。


六孫王神社の本殿内に入るには、事前に入れるか聞かれた方が良いです。

〜六孫王神社の行き方〜
市バス「六孫王神社前」下車、徒歩2分。


京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】