夏越大祓(岡崎神社)

6月30日に岡崎神社で夏越大祓が18:00より行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。

各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。


時間になると本殿で神事が行われます。神事は、一般的なものです。岡崎神社の祭事は、いつでも一人で淡々とされます。
本殿での神事が終わると氏子さんから集めた人形の紙を入れた唐櫃を持ち、茅の輪を一人で3度くぐられます。
続いて焼納です。焼納をする3つの火床とまわりの人達の祓いが行われます。

  

焼納をする3つの火床を清水と清めの紙で清めます。続いて神火で点火します。
  

唐櫃に入っている人形の紙を火床に入れて焚き上げ、大祓詞を読み上げます。
 

〜岡崎神社の行き方〜
市バス「岡崎神社前」下車。

京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】