茅の輪くぐり神事(梛神社)

6月30日に梛神社で茅の輪くぐり神事が14:00に行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。
各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。


神社の境内には茅の輪が置かれています。梛神社では、宮司さんの後に続いての茅の輪くぐりはありません。
神事が本殿でありますが、神事のみです。その間でも各自が茅の輪くぐりを、されています。
  

古事によると…
スサノオノミコトが中国へ旅され病気になられ一夜の宿を求められた時、富者の巨旦将来は宿を断り、
貧者の蘇民将来は茅のふとんと粟の食事であたたかいもてなしを授けました。
そのお陰で元気になり日本に帰ってこられました。そのお返しに蘇民将来の子孫には病気にかからない事を祈りました。

境内では、茅が置かれていて、2本の茅で茅の輪が作れると…神社に来られると各自がせっせと、ミニ茅の輪を作って帰られます。
現在、蘇民将来の子孫也の御札のついた茅の輪を門口に掲げておけば、災厄を免れ一家は繁栄すると言われています。
 

〜梛神社の行き方〜
市バス「壬生寺道」下車。

京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】