大祓式(熊野神社)

6月30日に熊野神社で大祓式が18:00に行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。
各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。


熊野神社の茅の輪は本殿前にあります。
人形も置かれています。人形に、お名前と年齢を書き、ご自分の息を吹きかけます。
 

熊野神社では、最初に茅の輪くぐりをします。神職さんが先頭で、氏子さんや一般の人などが後ろに続きます。
茅の輪をくぐる時に、「水無月の夏越の祓する人は 千歳の命のぶというなり」と唱えます。
  

最後に茅の輪をくぐると、そのまま本殿内に入り神事が行われます。神事では、祓いや清めの紙で自身を清めます。


大祓式が終わると、水無月が配られます。

〜熊野神社の行き方〜
市バス「熊野神社前」下車。


京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】