夏越の大祭(花山稲荷神社)

6月30日に花山稲荷神社で夏越の大祭が15:00に行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。

各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。


昔、鳥居の所に茅の輪がありましたが現在はありません。
聞くところによると淀川まで取りに行くことが出来なくなった…材料不足、宮司さんがご高齢の為とか…


神事は一般的で祓いや祝詞です。
茅の輪はないけど、左右の葉の束を茅の輪に見立てて…茅の輪くぐりが。
麻を切り人形に穢れを移し、後日焼納します。※以前は川に流していたようです。


花山稲荷神社では水無月を御供養でいただきました。
それとミニ茅の輪をいくつでもどうぞって…2ついただきました。

〜花山稲荷神社の行き方〜
京阪バス「花山稲荷 」下車、徒歩5分。


京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】