夏越しの大祓祭(地主神社)

6月30日に地主神社で夏越しの大祓祭が15:00より行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。

各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。


本殿前で、悪縁/病気/厄除/災難/事故/悪運/家庭などの書かれた赤い布を引き裂き、先の尖った鋭利な棒に巻き付けます。
続いて、悪疫退散と書かれた白い布に、先の尖った鋭利な棒に巻き付けます。これを桶の中の水で清めて祓います。
   

本殿前の儀式が終わると、神事が行われます。続いて、巫女さんが参列者のみなさんに鈴で清め祓いをします。
本殿前で、宮司さんの夏越祓のお話があります。その時に、神職さんや巫女さんから人形を各自、渡されます。
人形(ひとがた)とは、人形の紙に息を吹きかけ、自分の身代わりとして、水に流し、身についた悪運/悪縁/病気など、悩み事を祓います。
奈良時代に宮廷で行われていた魔除けだと言われています。ここでは、桶に入れます。人形の紙は水に溶けるそうです。
  

お話が終わると、茅の輪くぐりが行われます。最初に神職さんと巫女さんが行われます。
神職さんと巫女さんの茅の輪くぐりが終わると、一般の参列者の茅の輪くぐりが行われます。

  
巫女さんが、恋占いの石の前で清め祓いをしますが、これは夏越祓とは関係なく、定例の儀式です。

地主神社の行き方〜
市バス 「五条坂」「清水道」下車、徒歩15分。

京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】