水無月夏越の大祓式(岩屋神社)

6月30日に岩屋神社で水無月夏越の大祓式が19:30に行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。

各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。


岩屋神社の祭事は地域性が強く、地域密着型です。
斎場は上にあり、受付があります。受付をすると、人形や清めの紙、茶券や団扇が配布されます。
神事が始まり、火床や参列者さんなどの祓いが。


続いて神職さんが斎場から神社に向かわれます。行き先は、神社の茅の輪の祓い清めです。
斎場に戻られると松明に火を点け焼納の火入れです。


火がつくと、神職さんが大祓詞を唱えます。


唱え終えると、各自、人形を火床の中に入れていきます。
続いて岩屋太鼓の奉納が。太鼓の演目は3つ。屋台囃子・岩屋神社・みやけ太鼓でした。


太鼓の奉納が始まる頃には、茶券で抹茶と水無月が接待されます。奉納太鼓も終わると神職さんが終わりの言葉を。
岩屋神社では、厄除けうちわ・ミニ茅の輪・御札・水無月がいただけました。


〜岩屋神社の行き方〜
京阪バス「岩屋神社前」下車、徒歩10分。

京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】