水無月祭(市比賣神社)

6月30日に市比賣神社で水無月祭が19:00より行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。

各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。



水無月祭が始まる前に茅の輪くぐりをします。
茅の輪くぐりの後で、浴衣姿の女子から、ひとがたや清めの紙が入った紙を手渡されます。
  

ひとがた流しに参加する人達の整列です。反対側には神職さんも整列しています。
神前で、神事やお祓いが行われます。御神前には、氷をかたどった「水無月餅」が供えられています。
  

神事が終わると、行列に参加する人・一般の人が茅の輪をくぐります。
市比賣神社前で、行列を組み、神職さんがお祓いしながら高瀬川のひとがた流し場まで行きます。
浴衣姿の女子は、ぼんぼりの灯りを持って歩きます。川面にも、ぼんぼりの灯りが200Mほどの間に設置されています。
  

ひとがた流しの場所で神事が行われます。橋の中央で、神職さんがお祓いと祝詞を行います。
続いて、一般の人達が高瀬川にひとがたを投げ入れます。
橋の左右に、ぼんぼりを持った浴衣姿の女子が並びます。橋の上から、ひとがたを投げ入れます。
 
 

高瀬川で、ひとがた流しが行われます。扇流しも行われ、扇船も流されます。
水無月祭が終わって神社に戻ると、神社前で記念撮影が行われます。
また、神社では厄除うちわがいただけます。裏面は花の絵です。

  

〜市比賣神社の行き方〜
市バス・京都バス「河原町五条」下車、3分。/京阪「清水五条駅」下車、徒歩5分。

京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】