夏越の祓式(新熊野神社)

6月30日に新熊野神社で夏越の祓式が16:00に行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。

各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。


最初に境内で焼納の儀式が行われます。祭壇と火床、そして本殿前には茅の輪が。


参列者さんを祓い、祭壇や火床、四方を清め参列者さんも清めます。


続いて焼納です。焼納の時、参列者さんらと共に大祓詞を唱えます。
大祓詞の真ん中部分で、天津祝詞の太祝詞事と言う言葉を唱えます。太祝詞事が重要だと言われていた。
「とほかみえみため かんごんしんそんりこんだけん はらひたまへ きよめたまへ」
「とほかみえみため かんごんしんそんりこんだけん はらひたまへ きよめたまへ」


焼納が終わると茅の輪くぐり神事です。最初にまたぐ足は左足からです。
新熊野神社では、茅の輪をくぐる時に茅の輪の前で神歌を唱えます。
@水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命延ぶといふなり
A思ふこと「みなつきね」とて麻の葉を 切りに切りても 祓ひつるかな
B宮川の 清き流れに 禊せば 折れることの 叶はぬはなし


茅の輪を3回目にくぐった後は、本殿にて玉串を。
御神酒をいただきミニ茅の輪をいただきます。茅の輪は前日に手作りで作られたようです。
そこに八咫烏の印を押した人形を差し込むようです。右は完成品です。
最後は、ぜんざいの無料接待が。


〜新熊野神社の行き方〜
市バス「今熊野」下車、徒歩3分。


京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】