夏越大祓式(新日吉神宮)

6月30日に新日吉神宮で夏越大祓式が14:00に行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。

各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。


新日吉神宮では、茅の輪をくぐる時に「水無月の夏越の祓する人は千年の命のぶといふなり」と唱えます。
最初に、本殿で神事が行われます。神事は、修祓/献饌/祝詞/玉串/撒饌が行われます。30分ほどあります。
続いて、拝殿前にある茅の輪を楽人さんの音と共にくぐります。茅の輪くぐりが終わると、拝殿で宮司さんが楼門に向かって大祓詞をされます。
  

大祓詞が終わると、拝殿にて四方祓が行われ、祓い清められます。拝殿にて氏子さんと共に、清めの紙で清め祓います。
拝殿では、氏子さんや新日吉神宮に置かれていた人型を1つづつ読み上げ、祓っていきます。
   

新日吉神宮の行き方〜
市バス「東山七条」下車、徒歩5分。

京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】