大祓式(粟田神社)

6月30日に粟田神社で大祓式が16:00に行われます。(京都市:6月の歳時記)
夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。
各神社では、茅の輪をくぐり、身を清めます。
各、神社では、茅の輪のくぐる仕方があります。神社によって仕方が多少違いますが、一般的なくぐり方を載せておきます。
@茅の輪の前で一礼します。A最初は、左にまわります。B茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。
C茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。D最後に拝殿で一礼します。


本殿前には茅の輪が置かれています。神事が始まると途中で巫女さんが人形や清めの紙を配られます。
人形は、自分の体の左右と中をなぞります。最後に人形に自分の息を吹きかけ、回収します。
清めの紙でも、左・右・中に1度づつ自分の体に振りかけ、身体を清めます。
  

神事がおこなわれ祝詞が終わると茅の輪くぐりが始まります。先頭は宮司さんで、最後は巫女さんです。
  
粟田神社では、茅の輪をくぐる時に唱え詞を言うのです。
1度目。 思う事 皆つきねとて 麻の葉を 切りに切りても 祓えつるかな
2度目。 みなつきの 夏越の祓 する人は 千歳のいのち 延ぶといふなり
3度目。 宮川の きよき流れに みそぎせば 祈れることの 叶わぬはなし
最後。 本殿に向かって。「我は蘇民将来の子孫なり」と唱えます。

大祓式が終わると、ミニ茅の輪と水無月がいただけます。


〜粟田神社の行き方〜
市バス「神宮道」下車、徒歩3分。/地下鉄「東山駅」下車、徒歩5分。


京都で行われる【夏越祓/茅の輪くぐり】