四国の祭り2017(サンポート高松)

5月5日・6日にサンポート高松で四国の祭り2017が行われました。

四国(香川県・徳島県・愛媛県・高知県)4県から1〜2団体が一同に集まってステージで見せます。
両日、さまざまなイベントが。四国の駅弁や、さぬきマルシェも。RNCラジオまつりも。
5日、6日とありましたが、祭事中心の6日に行きました。今回が初参加の継ぎ獅子が目当てです。


司会者さん。


徳島県から阿波踊り「新のんき連」
野踊りは落ち着いた中にもテンポのある踊り。
女踊りは夏らしい花火の柄の衣装を身にまとい、しなやかで統制のとれた踊りが特徴です。


高知県からよさこい「上町よさこい鳴子連」
坂本龍馬の誕生地、高知市上町のよさこい連。
よさこい祭り第1回から現在も連続出場中。受賞歴も多数の伝統と実力を備えたチームです。


愛媛県から継ぎ獅子「樋口獅子舞保存会」
継ぎ獅子は、人の上に人が立って獅子頭をかぶり獅子を舞うという
今治市の各神社に伝承される獅子舞です。


香川県から小豆島「橘地区幟さし」
長さ14mの竹ざおに縦約8m、幅約1.5mの幟を手や肘、あごでバランスをとりながら
差し上げる幟さしの妙技にご期待ください。※昨年は強風の為に中止になったそうです。


少し、休憩があり、ステージ上には高松ゆめ大使さんが。観光PRを。


高知県からよさこい「濱長花神楽」
先代がよさこいの生みの親。現代版にアレンジされた
日本の文化の美しさを重んじる和の印象を堪能できるよさこいチームです。


徳島県から阿波踊り「娯茶平」
日本の古典芸能である能を思わせる「すり足」が独特の足運びで、
国内はもちろん欧米やアジアなど、海外にもその名を轟かせています。




2017年に行われた「四国の祭り2017」の様子です。

きょうの沙都(トップ)