舞妓さん

舞妓さんに変身したい女性は多くいて、京都に毎回来られて変身される人達も・・・
本当の舞妓さんの世界は、いろいろなしきたりがあって大変らしいです。

最近では、厳しさも多少は緩和されつつあるようですが。まだまだ、住む世界が違う気がします。
京都市には、五花街(祇園甲部・宮川町・先斗町・祇園東・上七軒)あり、芸舞妓さんが。


舞妓さんになるには、中学卒業してからが一般的ですが、高校を卒業してからの人もいるようです。
舞妓さんが通う学校(東山女子学園/八坂女紅場学園)が花街にあります。
ここで舞妓さんになる為の実技や勉強が・・・宝塚ジェンヌみたいなものです。
  

もしも、舞妓さんになるにはどうすれば良いのかと言うと…
引き受ける置屋さんがあるかないかです。これは、運もあります。
たまたま、募集をしている所があり、すんなり入れたり。募集がなくて、全然入れなかったり。

条件 内容
芸事の見習生 芸道を習い一人前になるための修行期間
15歳が最適 中学卒業から17歳まで
身長160CMぐらい おぼこなどの高い履き物の為
体重43K以上 衣装が重いので、体力・体重が必要
親の同意 未成年者の為に必要です
芸事が好きである 踊りなどがあるので、音感が大切
和風が好きである (着物・お茶・お花・お座敷・おけいこ)が好きで、寝る時は高枕です
性格はガンバリ屋 仕込み期間に、行儀作法(洗濯・掃除・買い物・雑用・京言葉)を習得
月謝 生活費から、けいこの費用まで置屋さんが負担します
舞妓さんの期間 仕込みや見習期間を含めて4,5年程度
人間関係 先輩や同僚、置屋(おかみさん)さんとうまくできるかどうか

もしかして、舞妓さん芸妓さんを間近で見られるかもしれない行事などです。
この他にも、いろいろな行事や習慣が行われます。
=日程は変更される事もあります=
日付
行事
場所
1月
7日
花街始業式 祇園甲部歌舞練場
9日
上七軒始業式 上七軒歌舞練場
11日
のこり福 恵美須神社
13日
初寄り 花街
2月
2・3日
節分 八坂神社
2・3日
お化け 花街
3日
節分 北野天満宮・千本釈迦堂・平安神宮・六波羅密寺
第1土曜か日曜 節分 龍神総本宮
25日
梅花祭 北野天満宮
中〜下旬
湯どうふ食べ比べ 順正
3月
3日
流し雛 下鴨神社
中旬頃
東山花灯路 東山一帯
20日
大石忌 一力亭
下旬 舞妓撮影会 白川巽橋
4月
1日-30日
都をどり 祇園甲部歌舞練場
上旬 舞妓撮影会 白川巽橋
第一土曜-第三日曜
京おどり 宮川町歌舞練場
15日-25日
北野をどり 上七軒歌舞練場
16日
神販行事 平安神宮
5月
1日-24日
鴨川をどり 先斗町歌舞練場
4/下旬〜5/上旬の日曜 天皇賞 京都競馬場
第2土曜日 観亀神社大祭 観亀神社
第3日曜日 三船祭 保津川・扇船
6月
第一日曜 祇園放生会 白川巽橋
第三土・日
都の賑わい 南座
7月
上旬
みやび会 八坂神社
15・16日
祇園宵宮信販奉納 祇園商店街
17日-24日
無言まいり 四条御旅所
24日
花笠巡行 山車・八坂神社
7月〜9月 ビアガーデン 上七軒歌舞練場
8月
1日
八朔 花街
上旬〜10日間 京の七夕 舞妓茶屋
第二日曜 上七軒盆踊り 上七軒駐車場
9月
中旬〜下旬
京都幕末祭 京都市役所前
23日 高瀬川舟まつり 高瀬川一之舟
定まってません 桑フォーラム 建仁寺
10月
1日-6日 温習会 祇園甲部歌舞練場
4日
ずいき祭 上七軒
8日-12日
みずゑ会 宮川町歌舞練場
8日-11日 寿会 上七軒歌舞練場
15日-18日
水明会 先斗町歌舞練場
22日
時代祭 紫式部・清少納言・小野小町・静御前・巴御前
11月
1日-10日
祇園をどり 祇園会館
3日
きもの園遊会 上賀茂神社
8日
かにかくに祭 祇園白川巽橋
23日
もみじ祭 長楽寺
23日
祇園小唄祭 円山公園
12月
上旬(5日間)
顔見世総見 南座の桟敷席
13日
事始め 花街
13日-14日
京料理展示大会 みやこめっせ

ブログ「京おでかけ」には今週の舞妓さんとして、舞妓さんが見られる行事やイベントを載せています。
ただ、こちらが知り得た情報だけです。そんなに多くの情報はありません。→→→→こちら

啓発イベントを中心に載せています→→→→こちら

選挙1週間前の四条河原町や繁華街。確定申告など、多くで舞妓さんが見られます。
 

★おおきに財団 TEL 075(561)3901 入会金:なし 会費:3万円
花街の伝統や芸能と親しむのなら「おおきに財団友の会」。
都おどり・京おどりほか五花街主催の公演や芸妓さん舞妓さんが集うパーティーに招待される招待コースと、
一見さんお断りのお茶屋も紹介してもらえる、お茶屋遊びコースの2コースを用意。女性参加も多
いです。

ギオンの近くの「ギオンコーナー」では、舞妓さんが見られます。
京都市勧業館みやこめっせ(地下1階)では、五花街が月ごとに、
月に1回、第3週の日曜日に3回(14:00・14:30・15:00)舞を演じられます。



きょうの沙都(トップ)