お火焚き祭(磐榮稲荷神社)

12月1日に磐榮稲荷神社で、お火焚き祭が13:00より行われます。(亀岡市:12月の行事)
お火焚き祭は、秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。


磐榮稲荷神社の火床です。


唐櫃を運び、続いて祭壇や火床、八方祓いに神職・巫女さん、参列者さんを祓います。


祓いが終わると神社から鑽火を持ってこられ松明に点火します。


火床に松明から火をつけ大祓詞を唱えます。そして護摩木を火床に投げ入れます。
護摩木が全て投げ入れるまで大祓詞は続きます。護摩木が入れられると三種(酒・塩・葉)を火床に。


祭事が終わると焼きミカンや饅頭・オコシが配られました。
安行山は清明との関わりがあり、神社の一画に清明神社が新しくなり、清明の絵馬をいただきました。



2010年に行われた「お火焚き祭(磐榮稲荷神社)」の様子です。

〜磐榮稲荷神社の行き方〜
JR「亀岡駅」下車、徒歩20分。


京都で行われる【火焚祭】