和火(宮津市/寺町)

10月第2日曜日までの3日間に、宮津の寺町一帯で和火が行われます。(宮津市:10月の行事)
和火(やわらび)は、宮津市の歴史や文化を見て城下町を散策してもらう為に行われた行事です。
寺町周辺に、竹やペットボトルの灯籠を置き、寺町一帯をライトアップし、期間中に、郷土芸能や演奏会などを催します。
和火の点灯時間は、18:00〜21:00まで3日間とも同じです。以下の寺社でライトアップがされています。
佛性寺/栄照院/妙照寺/大頂寺/本妙寺/経王寺/国清寺/見性寺/悟真寺/無縁寺/真照寺/旧三上住宅/桜町天満宮
また、この和火が行われる期間中に、新浜でも、活性化事業の一つとして催しが行われます。


ライトアップの数々です。一部ですが。
路地
国清寺
本妙寺
大頂寺
佛性寺
本妙寺

和火の期間中、様々な催しが行われます。
経王寺:宮津の唄と踊り(宮津おどり振興会:地方連)
本妙寺:フルートデュオ(石坪英恵/下野誠子)
佛性寺:太夫道中・舞の披露(司太夫)
妙照寺:ジャズライブ(大西了カルテット)
桜町天満宮(子供三番叟

2008年に行われた「和火」の様子です。


〜寺町の行き方〜
KTR「宮津駅」下車、徒歩20分。

きょうの沙都(トップ)