御火焚祭(向日神社)

10月第2日曜日に向日神社で、御火焚祭が14:00より行われます。(向日市:10月の行事)
御火焚祭は、秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。


向日神社の火床は円形です。


本殿で神事があり、神事が終わると松明を持ち神火で松明に点火します。


本殿前から火床がある斎場まで列を作り、道中は祓いながら移動。火床のまわりを3周ほど。


火床の火口に松明を入れ護摩木に火を。左右から徐々に焚き上げます。


2016年に行われた「御火焚祭(向日神社)」の様子です。

〜向日神社の行き方〜
阪急「西向日駅」下車、徒歩10分。


京都で行われる【火焚祭】