生身天満宮秋季例祭(生身天満宮)

10月第3日曜日、生身天満宮で秋季例祭が9:00より行われます。(南丹市:10月の行事)
秋季例祭では氏子地域の安全や繁栄を願い神輿が巡行します。生身天満宮境内では奉納芸もあります。
生身天満宮の神輿巡行は春と秋の2回おこなわれていて、春は子ども。秋は大人です。


拝殿には神輿が置かれています。神輿庫にも神輿が。神輿庫の神輿、現在は使われていません。
本殿で神事が。祓いや祝詞、玉串です。


拝殿前には幟や神宝や毛槍が。剣鉾もありました。


本殿での祭事が終わると、拝殿から神輿をおろし車に乗せます。
境内で神輿の祓いや神事があり神輿を四方から祓い祭文で関係者さんの玉串です。


巡行前の祭事が終わると生身天満宮前で整列し10:30頃に出発です。
御旅所まで神輿は車に乗せられていきます。途中、休憩が。車での移動なので御旅所までは順調に。


御旅所で神事があります。


神事が終わると本格的な巡行に。神輿も御旅所から担いでの移動になり氏子地域を巡行します。
八木のよさこいが加わり、先頭で演舞をしながら新町公民館まで進みます。


休憩を挟み、生身天満宮まで神輿は戻ります。

2014年に行われた「生身天満宮秋季例祭」の様子です。

〜生身天満宮の行き方〜
JR「園部駅」下車、徒歩15分。

きょうの沙都(トップ)