奉納躍(宇治上神社/宇治神社)

宇治田楽まつり(10月第3土曜日)が行われる前の9月上旬〜中旬の日曜日に奉納躍が行われます。(宇治市:9月の行事)
※2014年で奉納躍は終了したようです。最近は本番前のプレイベントとして各会場で行われているようです。
奉納躍(ほうのうやく)は宇治田楽まつりの祓い清めです。
宇治田楽が行われる当日に、神事などは行われない為に、約1ヶ月ほど前に行われるのです。


源氏物語ミュージアムを10:10に行列を組んで出発します。太鼓・笛が先導して踊り手さん達が続きます。


宇治上神社に到着後、拝殿で神事があります。
祓い清め、祝詞、玉串など…宮司さんから龍舞の踊り手(4名)に玉を授けます。


龍舞の踊り手さん以外は拝殿前に整列。


神事が終われば、宇治上神社の境内で龍舞が10:40頃にあります。
が…今年は4名の舞手がいなく3名で踊られました。


龍舞が終わると玉を神社に返します。


次は、宇治神社に向かいます。神社を出発して宇治神社に移動します。


11:30に宇治神社で祓い清めをしてから、境内で田楽躍を演じます。


宇治神社で田楽躍が終えると、行列は源氏物語ミュージアムに戻っていきます。
最後にミュージアム入口フロアで12:10より惣躍りが行われます。


2012年に行われた「奉納躍」の様子です。

〜源氏物語ミュージアムの行き方〜
京阪「宇治駅」下車、徒歩20分。

きょうの沙都(トップ)