土割祭(玉田神社)

7月6日に玉田神社で、土割祭が10:00より行われます。(久御山町:7月の行事)
土割祭とは、雨乞いの神事です。五穀豊穣などの祈願も兼ねています。
昔、この地方に、大干ばつが起こり、5/28〜8/4まで、一滴の雨も降らなかった事があったそうです。
土地は干上がり、農作物は危険な状態に。全村には病が流行したそうです。
五穀豊穣や病を危惧した淀城主が、玉田神社と大藤神社に参詣されたところ、7日後に大雨が降りました。
村民は喜び農作物は回復し、病もなくなったそうです。それ以来、玉田神社は7月上旬に、湯神楽の神事を行っています。


神前に海の幸と山の幸を供え、総代さん及び奉賛会さんや各地区の人々の祓いを行った後に、祝詞奏上します。


祝詞を奏上した後に、巫女神楽が3舞あり、太鼓の音と共に、湯神楽が行われました。
湯を前に払う湯神楽が2度ほど行われた感じ。通常より長かった気がします。
その後に、神事が行われ祭事は終わります。



2008年に行われた「土割祭」の様子です。

〜玉田神社の行き方〜
近鉄大久保駅、京阪淀駅下車、京阪バス「田井」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)