水無月祭(日吉神社)

7月30日に、浅茂川地区で、水無月祭が行われます。(京丹後市:7月の行事)
水無月祭は浅茂川地区の繁栄や安全、健康を願い行われています。
文武天皇の時代、この時期は川下で疫病が発生する事が多く、それを清める為に始められたと言われています。
水無月祭と呼ばれていますが、地元では「かわすそさん」とも呼ばれています。
水無月祭のメインは、海上渡御です。神輿が海の中に入り社をまわります。


日吉神社で最初に神事が12:30に行われます。神事・御霊が終わると日吉神社の長い石段を神輿が下りていきます。
神事の時は鳳凰の飾りがありましたが、石段を下るとき途中に鳥居がある為、飾りがはずされます。


一旦、福田川の橋上に神輿は置かれ神輿や行列に参加する各自の記念撮影が行われた後に巡行が13:30頃にスタートします。


巡行の先頭には、突穴が。突穴とは、大きな鈴…それを揺らし、巡行が来たことを知らせます。
その後に、剣鉾が続き、道中を清めます。
そして地域住民の方々が寄付!かな。賽銭箱に納めて供養品と交換します。


神輿は、ほとんどの行程、担がれて浅茂川地域を練り歩きます。神輿は、ところどころで神輿を揺さぶります。


巡行の太鼓・突穴・剣鉾は区民会館付近で休憩。
そこに神輿が通り過ぎ、浅茂川地区の中心部付近に。そこで折り返し区民会館に…
巡行では、お菓子まきと言うのがあり4箇所の休憩地点で行われます。
お菓子まきとは、トラックの上から駄菓子を放り投げるのです。
「休憩+お菓子まき」は、4箇所。14:00浜六前/14:30区民会館/15:00塩貞商店前/15:50浅茂川海岸


区民会館から巡行に子ども神輿が2基、加わります。巡行は、八丁浜を目指して行きます。


巡行は大きな鳥居をくぐり浅茂川海岸へ。
この水無月祭の夜に花火(19:45)が打ち上げられるとあって露天がたくさん並びます。
海岸には日吉神社のお旅所かな。嶋児神社があります。
嶋児神社は浦島伝説の地でもあり神社の横には浦島太郎像もあります。
嶋児神社を通り過ぎ、いよいよ海岸に向かいます。八丁浜の海岸には大勢の人が来られています。


海上渡御は、海の中に置かれている社(祭壇)を神輿が3回りします。
社は海の中に設置されていて天候や波の高さにより位置は変わるそうです。
海上渡御が始まりました。社の深い場所では、胸あたりまで海の中に…まわりには、サポートする人が。


神輿が3周目に入ると、亀神輿が登場します。亀神輿には、浦島太郎・乙姫さまが乗られています。
亀神輿は、海上の社を1度だけ回ります。この亀神輿が登場するのは、八丁浜だけです。


亀神輿が海岸に上がると浅茂川海岸で最後の菓子まきが行われます。
浅茂川海岸では浦島太郎・乙姫さまが菓子まきをします。
菓子まきが終わる頃、嶋児神社で鎮座式が16:00にあり、神輿や剣鉾が置かれ巡行は終わります。
31日に巡行は日吉神社に戻ります。


2009年に行われた「水無月祭」の様子です。

〜日吉神社の行き方〜
KTR「網野駅」下車、バス「浅茂川」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)