三河内曳山祭(倭文神社)

5月4日に倭文神社で三河内曳山祭が行われます。(与謝野町:5月の行事)
三河内曳山祭は丹後の祇園祭りとも言われ、京都府無形民俗文化財に指定されています。
三河内曳山祭は、八朔祭として8月に行われていましたが、
明治15年より4月24日・25日と変わり、平成3年より5月3日・4日に執りおこなわれるようになりました。
三河内曳山祭は五穀豊穣を祈願して行われています。
三河内曳山祭は、一般的には3日・4日の両日なんですが…本当は、2日〜5日まであるんです。

3日は御旅所で神事があり神楽の奉納が行われます。夜に打出所に山車が集まり町内を巡行します。
子供・青年屋台が12台御旅所に集まり19:00にスタート。
上地の御旅所→大道→倭文神社→梅林寺→下地→梅谷→大道→三河内小
最後に参加者全員で万歳三唱して22:00頃に打ち別れになります。
4日の三河内曳山祭は(梅宮/下地/上地/大道/奥地/中坪)から山車や屋台が参加します。
梅宮…大幟   下地→神楽・子供太鼓   4町→山屋台・芸屋台・子供太鼓台


打出所で神事が14:00に行われ、道中の安全を祈願して神楽が奉納されます。
神楽が行われる道の真ん中には塩が置かれています。神楽が始まる前に場を清める為に撒きます。
神職さんが席に着かれると神楽が始まります。


神楽は4つ「剣の舞/弊の舞/四方掛/乱の舞」です。
最初は、四方を清める為の神楽が行われ、続いて剣の舞(鞘と剣)です。


弊の舞/四方掛/乱の舞です。


金幣、御弊を持った役員が集まり整列をして儀式が始まります。
巡行前に祭文を読みあげ、倭文神社までの巡行がスタートします。


行列は最初に金幣・御弊を持った役員で、次に大幟が進んで行きます。その後にも幟が続きます。


神楽殿(神楽の奉納をします)が続きます。後ろには囃子方がつきます。


そして神職さんの列。巡行が止まると座られて待機します。


倭文山と春日山


八幡山と浦嶋山


子供屋台が6台続きます。見分け方として、屋根の色が違います。



巡行の途中、中坪町内筋交い橋から神招ぎ(かみおぎ)の儀があります。
最初に橋の上から清めの塩と御神酒を撒きます。
左右に金幣・御幣を持った裃姿の人が並び、
東にある須代神社の女性の神様を、大声「おーい、おーい」でお呼びします。


巡行は倭文神社に到着しました。屋台は神社前で待機。


三河内曳山祭の神事が本殿で16:30頃に行われます。


神事の途中ですが、本殿前で神楽が行われます。神楽の奉納は打出所の時と同じ舞です。
最初は清めの舞があり、剣の舞/弊の舞/四方掛/乱の舞


神楽が終わり神事も終われば鳥居前に移動します。
宮司さんや総代さんが祭事が無事に終わった事への挨拶をします。
最後に全員で万歳三唱(18:00)で締めくくり、打ち別れとなります。


その後、屋台は楽台となり提灯を付け夜の町内を練り歩き中坪町で終了します。

2010年に行われた「三河内曳山祭」の様子です。


〜倭文神社の行き方〜
KTR「野田川駅」下車、丹海バス「三河内小学校下」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)