春季大祭(高津八幡宮)

4月第1日曜日に高津八幡宮で春季大祭が行われます。(綾部市:4月の行事)
高津八幡宮春季大祭は、氏子地域の繁栄や安全を願い子ども神輿が地域を練り歩きます。
高津八幡宮は小高い山の上にある神社です。境内には、地元グループによる出店もオープン。


本殿内には神輿が置かれています。最初に本殿にて神事が8:30に行われます。


神輿に御霊が入れられた後に本殿から神輿を降ろします。
神輿巡幸は、子ども達が中心に。子ども達や練り歩く人達の祓いが行われ、祭文が読まれます。


神輿が台車の上に置かれ準備が始まります。先太鼓が太鼓を叩きながら9:30頃に出発します。
続いて、幟や獅子舞が続き、子ども神輿が山を下って行きます。


その後、神輿などは地域内を練り歩き昼頃までに戻って来ます。
春は子ども神輿ですが、秋は大人神輿が氏子地域を練り歩きます。

2011年に行われた「高津八幡宮春季大祭」の様子です。

〜高津八幡宮の行き方〜
JR「高津駅」下車、徒歩20分。

きょうの沙都(トップ)