須津祭(須津姫神社)

4月最後の日曜日と前日に須津姫神社で須津祭が10:00より行われます。(宮津市:4月の行事)
須津祭は、宮津の春の祭りの一つで、地域のみなさんが一体となり行われています。
宵宮と本祭があり太刀振と神楽は同じで、区域内をまわる場所が違うだけです。
須津姫神社を出発して、区域内をまわり須津姫神社に戻ります。
太刀振と神楽のコースは違った道を行き、それぞれの地点で奉納します。
須津祭を途中から撮ったので一部分だけ載せておきます。いづれ撮りなおします。
行事としてのページ作りは完全ではありませんが、せっかく一部分だけでも撮ったので載せておく事にしました。



須津祭は、須津姫神社の祭礼です。


須津祭の太刀振は100名以上の大人数なので、3グループで太刀振を披露しています。
太刀振は、どこでも同じですがメインとなるのは、太刀を持ち前後に跳ぶところです。
須津の太刀振は跳ぶ回数が多いこと。20回は連続で跳んでいるかも…
連続跳びでは、跳べない者が脱落していきます。前列は青年達で、高く跳んで最後まで跳んでいました。


太刀振は、1番〜踊り方が決まっていて、前方で何番って指示が出ると全員が、その番号の踊りを披露します。
撮っていた時、4番5番、そして3番との指示が…


神楽は、別のコースをゆっくりと移動。祝儀などをもらいながら接待される地点に。
休憩を兼ねて神楽舞を披露します。
須津祭の獅子、撮った時の踊り手だけか分かりませんが、獅子の面を上に上げすぎ…
須津祭以外の他も同様の神楽はありますが、上下の変化はありますが獅子の面は一定です。
それとも須津祭の獅子は、このように伝承されているのか分かりませんが…


2010年に行われた「須津祭」の様子です。

〜須津姫神社の行き方〜
KTR「岩滝駅」下車、徒歩8分。


きょうの沙都(トップ)