日置祭(若田神社)

4月24日に近い土曜か日曜日に日置祭が行われます。(宮津市:4月の行事)
日置祭は日置地区の少年や青年が主体となり太刀振や神楽が行われます。
地域の人達が一体となり祭事を盛り上げていきます。
祭事は若田神社なのですが、出発(10:30)・帰着は公民館からです。行列が地域をまわります。
日置地区の各、地点では太刀振が行われます。禅海寺から撮ってみました。


公民館から行列は日置地域一帯をまわり禅海寺の境内で太刀振が行われます。


禅海寺での太刀振が終われば、行列は公民館に向かいます。


公民館前で太刀振の練り込みが行われます。


公民館前の広場で最後の太刀振や神楽が行われます。
神楽は、「剣の舞」「納作の舞」が…途中で「鈴・祓いの舞」があります。


同時に太刀振も行われています。太刀振のメインは、太刀を前後から飛び越える所です。
少年(左)と青年(右)では跳ぶ高さも違います。これを1度だけじゃなく何度も跳ぶのです。


神楽は「花の舞」「乱曲」で終わります。広場での神楽・太刀振が終わると屋台は公民館に入れ祭事は終了します。


日置祭の前日には裸祭りも行われていて、翌日の日置祭の主役さんが集合。
夜、海に駆け足で行き、海に入り清めるのです。そして若田神社に駆け足で行き、お祓いを授かり神事を済ませます。
そして、公民館に戻り裸祭りは終了します。この前日の祭事は地元の人以外、ほとんど知られていない祭事です。

2010年に行われた「日置祭」の様子です。

〜日置上公民館の行き方〜
丹海バス「一軒屋」下車、徒歩4分。


きょうの沙都(トップ)