鎮花祭(出雲大神宮)

4月18日、出雲大神宮で鎮花祭が行われます。(亀岡市:4月の行事)
旧暦の3月は、花の散る時期で、昔から、花が散る頃に、疫病が起こると言われていました。
花が飛散する時期に疫病が広まらない為に鎮花祭が、平安時代から宮中において盛んに行われたと言われています。
鎮花祭では、出雲風流花踊りがあります。出雲風流花踊りは、京都府無形民俗文化財に指定されています。
花踊りは雨乞いの踊りで笹踊りや浴衣踊りとも呼ばれていました。

たびたび、この地は旱魃に苦しめられていました。
雨乞いの為、人々は…最初は御神体である御蔭山で大火を。
それでダメなら、次に極楽寺の雨乞い観音に水をかけ。それでもダメなら、浴衣姿で雨乞いの踊りを。


楽人さん、巫女さんが拝殿に。神職さんが本殿に。招待客さんが見守る中、神事が10:00より行われます。
関係者さん招待客さんを祓い清めた後に神事が行われ、続いて巫女さんによる浦安の舞があります。


神事が終わると、出雲風流花踊り(京都府無形民俗文化財)の奉納が11:30より行われます。
鳥居前で祓い清めた後に拝殿まで移動し参道で入端が踊られます。


踊り手さんが被っている花笠は季節の造花が使われています。
1月=松・竹・梅。2月=梅・鶯。3月=山吹。4月=桜・たんぽぽ。5月=菖蒲・藤。6月=牡丹。
7月=七夕・菊。8月=瓢箪。9月=桔梗・ススキ。10月=紅葉。11月=葉つき菊。12月=椿・水仙。
参道での踊りが終わると拝殿のまわりで一の宮踊り・恋の踊り・正月踊りが。


雨の日は、拝殿の中に入られて出雲風流花踊りが踊られます。


境内では、和菓子と抹茶の無料接待が。


鎮花祭のメインは出雲風流花踊りですが、この後も奉納行事が続きます。次は伊勢大神楽です。
最初に本殿にお参り、そして本殿前で神楽舞を。伊勢大神楽をされているのは森本組さんです。


境内で四方の舞。


御弊の舞・鈴の舞・剣の舞・扇の舞など…


ここで話術。道化師が登場。おもしろく場をもり上げていきます。そして、綾採の曲。


そして最後が魁曲。伊勢道中を唄います。早変わりで、おかめに変身。


最後は、獅子かぶりを。頭を噛んで厄を祓います。


この後の奉納芸は、日本舞踊で川勝流。陰陽流拳法空手術道など。※奉納行事は、年度により違います。
境内には、ゆるキャラの「明智かめまる」くんも登場。拳法空手術道。太鼓の奉納。


日舞が時間の関係上、前後で。


出雲大神宮のテーマ曲(マナイノウタ)が。マナイノウタとは境内にある真名井の水の事です。
フラダンスと共に。


京都で魁曲が見られるのは珍しいと思います。
出雲風流花踊りの時は人も多いですが、伊勢大神楽の頃は人も少なくゆったりと見られます。

鎮花祭では、当日に亀岡駅から無料の送迎バスが行き帰り出ています。

2008・2014年に行われた「鎮花祭」の様子です。

〜出雲大神宮の行き方〜
JR「亀岡駅」下車、シャトルバス。

きょうの沙都(トップ)